予防歯科を推進しましょう

皆さんは歯の本数はいくつあるかご存知でしょうか?
親知らずの4本を入れると、口の中には32本の歯が生えています。
もし親知らずが1本もない方であれば、合計本数は28本というのが一般的です。
そして歯を虫歯によって失ってしまう、もしくは虫歯を削ってしまうなら、二度と同じものが回復することはありません。

ですから一番重要になるのは、今ある天然歯を失わないことです。
天然歯の意味は、元々自然に生えてきた天然の歯という意味になります。
それに対して、天然歯を失ったために、人工的に回復して状態を人工歯と呼んでいます。
人工歯は、確かに医療の進歩と共に非常に優れたものになってきています。

しかしどんなに優れているものでも、人間がもともと持っている臓器や体の一部を超えることはできません。
絶対にもともとの物の方が良いのです。

ですから今の歯を大切にするようにしましょう。
天然歯を残すために、必要な治療が予防歯科というものです。
治療とはいえ、歯を削ったりするのではなく、どのように歯を磨くのかを教えてもらったり、歯周病にならないためにはどうすれば良いのかを教えてもらう機会になります。