死亡保険金と税金の関係について知っておこう

万一のときに備えて加入できることが、生命保険の大きな特徴です。
また、入院や手術時の保障目的で加入する人も多いのではないでしょうか。
しかし、生命保険への加入時には、慎重にすべき点も少なくありません。
特に、終身保険には満期がないため、「死亡保険金」抜きでは考えらないからです。
生命保険加入時に慎重を要する理由は、被保険者(A)・保険料の負担者(B)・保険金受取人(C)という、三者の関係によって、対象となる税金が異なることにあります。
まず、「所得税」の対象になるのは(A)・(B)・(B)。
次いで、「相続税」の対象になるのは(A)・(A)・(B)です。
また、(A)・(B)・(C)の関係では「贈与税」の対象となってきます。
これらは、保険会社の担当者から説明があると思いますが、自分でも積極的に調べることが大切です。
死亡保険金の受け取りまで意識すると縁起がよくないため、躊躇するかもしれません。
しかし、保険料の負担者(B)や保険金受取人(C)の選択を誤った結果、多額の税金が掛かる可能性もでてきます。
そのため、生命保険の加入時には(B)(C)を慎重に決める必要があります。
なお、入院保険金などの受け取りに関しても、情報収集をすることが大切です。